Event is FINISHED

都市と地域をつなぐもの ~震災9年から考える未来への町づくりと そのフィロソフィー~(「身近な地域から公共政策を考える」連続公開講座③)

Description
早稲田大学公共政策研究所が主催する連続公開講座『身近な地域から公共政策を考える』は、所属研究員がそれぞれの研究領域について発表と提言を行い、参加者とインタラクティブに考えていく事で、社会全体もしくは一定セクターにおける政府・民間・シビック三部門の分業・協力に基づく共通問題の解決を本質とする公共経営のあり方を探求していく試みとなります。

第三回となる本講座は、新聞記者として約30年にわたり、全国各地において幅広い分野で取材を行ってきた峯村研究員が担当し、全国的な地域やまちの衰退に対し、東日本大震災後の岩手県宮古市などを例にとりながら、町づくりのあるべき姿、フィロソフィーを考えます。

<イントロダクション>
2011年3月11日の東日本大震災から今年で9年目を迎える。被災地の町々では、新しい町づくりが着々と進んでいる。だが、その一方で、震災の記憶が薄れゆくこと、産業の不振という新たな問題が浮上している。町づくりは単なるインフラ整備ではない。震災から毎年訪問し、現地の人々との交流を行っている岩手県宮古市での定点観測などを例にとりながら、町づくりに必要不可欠な人づくり、情報発信、さらに持続可能なフィロソフィーを考える。


<開催概要>
●タイトル 
『都市と地域をつなぐもの〜震災9年から考える未来への町づくりとそのフィロソフィー〜』

●日時 
 2020年1月25日(土)15:00~17:00(14:45受付開始)

●場所
 早稲田大学 早稲田キャンパス 26号館1102会議室

●アクセス
 東京メトロ 東西線 早稲田駅から徒歩5分
 アクセスマップ(PDF)
 
●参加費
 無料

●定員
 45名
 ※当日飛び入り参加の場合、満席時は立ち見になる可能性がありますので事前申し込みをお勧めいたします。

●申し込み方法
 事前申込制:Peatixページよりお申し込みください

●主催
 早稲田大学公共政策研究所

<タイムスケジュール(予定)>※予告なく変更する可能性があります。
14:45 受付開始
15:00-15:05 開会(進行の案内)
15:05-16:05 講演(峯村研究員)
16:05-16:15 休憩(10分)
16:15-16:55 質疑・討議(40分)
16:55-17:00 次回講座紹介
17:00     閉会アナウンス

<講師プロフィール>
峯村昌子(早稲田大学公共政策研究所招聘研究員)
産経新聞社サンケイスポーツ編集局文化報道部編集委員。早稲田大学公共経営研究科修士課程修了、公共経営学修士。新潟大学医歯学総合研究科博士課程修了、博士(学術)。新聞記者として約30年にわたり、観光・地域政策、文化、トレンド、医療政策、作家インタビューなど幅広い分野で取材、執筆。書評エッセイや紀行なども手掛ける。地域振興にもかかわり、特に岩手県宮古市へは、東日本大震災前から訪問を続け、職員向けの講演や復興へのアドバイスを行っている。2013年観光庁支援事業「観光中核人材育成事業・阿蘇研修」で講演、2015年全国町並みゼミ豊岡大会、2016年北信越町並みゼミ熊川宿大会で基調講演。2019年兵庫県丹波市の丹波市観光協会一般社団法人化式典で記念講演。傍ら、医療社会学の分野では、大人世代の更年期をテーマに講演を行っており、日本更年期と加齢のヘルスケア学会で毎年講演と論文発表を行い。2018年同学会学術集会で学会奨励賞を受賞。

<今後の講座予定>※2020年1月時点での予定です。タイトル等は変更する場合があります。
●第4回 3月14日『地域から災害多発時代を生き抜く知恵を創造する』 源田孝
●第5回 6月 『(米国)共和党保守派のグラスルーツを支えるエコシステムの調査研究』 渡瀬裕哉
●第6回 7月 『ロボットが空飛ぶ時代、子どもの教室を社会の現場に広げる』 羽田智惠子
●第7回 9月 『地域を対象とした金融政策構築の可能性』 大原透
●第8回 10月 『小規模自治体・共同体のサスティナビリティとは何か?』 藤倉英世
●第9回 11月 『グローカル成長戦略における「地域ブランド」の可能性と課題』 畠田千鶴
Sat Jan 25, 2020
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
新宿区西早稲田1丁目6−1 Japan
Organizer
早稲田大学公共政策研究所
126 Followers

[PR] Recommended information